人気ブログランキング |

カテゴリ:航空機・鉄道・車( 78 )

大韓航空がソウル・イルクーツク間を定期便運行予定。

大韓航空がソウル・イルクーツク間を定期便運行予定。

大韓航空がソウル・イルクーツク間を定期便を運行させることを計画しています。
現在この間はチャーター便のみの運行となっっていますが、6月から週2便で運行の予定です。機材はボーイング737-800
また4月からウラジオストク・ソウル間も現在週5便を毎日運行の予定です。









★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

by russia007 | 2010-12-20 14:26 | 航空機・鉄道・車

黒海の保養地のアナパ空港が1月20日から3月31日まで、工事のためクローズの予定

黒海の保養地のアナパ空港が1月20日から3月31日まで、工事のためクローズの予定
冬の間はアナパはモスクワから3便、アエロフロートとシベリア航空が、また1週間に3便スカイ・エクスプレスが運行していましたが、これにより100km先のゲレンジックまたは180先のクラスノダール空港に振り替えられる予定です。









★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

by russia007 | 2010-10-29 16:18 | 航空機・鉄道・車

トランスアエロがモスクワ・サンクトペテルブルグ間の便を約2倍に増便

トランスアエロがモスクワ・サンクトペテルブルグ間の便を約2倍に増便

トランスアエロは冬季スケジュール10月31日からモスクワ・サンクトペテルブルグ間を増便することを決め明日。現在の週7便から13便に増便します。
平日はモスクワ発が7時45分と19時35分、サンクトペテルブルクからは07時50分と22時20分。他に毎週月曜日と金曜日はモスクワら10時25分とサンクトペテルブルグからは14時30分、毎週日曜日は1便でモスクワからは20時10分、サンクトペテルブルグからは22時20分、料金は片道2102ルーブル、往復4362ルーブルから









★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

by russia007 | 2010-10-20 16:06 | 航空機・鉄道・車

サンクトペテルブルグ・ヘルシンキ間の特別列車「アレグロ」が12月12日から運行予定

サンクトペテルブルグ・ヘルシンキ間の特別列車「アレグロ」が12月12日から運行予定

特急列車アレグロ「ALLEGRO」がサンクトペテルブルグからヘルシンキへ12月12日から定期運行します。

第1段階として時速220kmで1日に2回運行の予定、来年の夏には毎日4回運行の予定です。
サンクトペテルブルグからは6時40分と15時25分出発 (ヴィボルグは7時45分と16時30分)、ヘルシンキ到着が9時16分と18時1分にそれぞれ到着します。
折り返しが10時と15時、サンクトペテルブルグへの到着がそれぞれ14時36分と19時36分に到着(ヴィボルグが13時33分と18時33分)。運行時間は3時間36分。
現在運行している「レーピン号」と「シベリウス号」は、アレグロの運行にともないなくなります。停車駅は変わりません。ヴイボルグ、ヴァイニッカラ、コウヴォレ、ルフチ、チックリレとパシレに停車します。
ロシアにおける出国手続きは運行している車内で行われるようになります。
車両は先頭車両が1等、2等は続く5両、他にレストラン車が付きます。1等は48席、2等は296席になります。
料金はレーピン号やシベリウス号の約1.5倍になる予定です。



★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

by russia007 | 2010-09-08 16:24 | 航空機・鉄道・車

来年にサンクトペテルブルクからタリン、ストックホルムにフェリーが運行予定

来年にサンクトペテルブルクからタリン、ストックホルムにフェリーが運行予定
セント・ピーター・ライン社が来年4月にサンクトペテルブルク-ターリン-ストックホルムのルートでフェリーの運行を予定しています。このフェリーは2000名の乗客が利用可能です。スケジュールは現段階ではまだきまっておりません。このルートで1泊2日の予定。
この線はセント・ピーター・ライン社にとっては2番目のルートになります。
セント・ピーター・ライン社は今年からヘルシンキへ運行しています。料金は片道35ユーロ。
2012年には黒海へのクルーズも計画しています。






★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

by russia007 | 2010-08-05 14:14 | 航空機・鉄道・車

ウラジオストク航空でオンライン・チェックイン

ウラジオストク航空でオンライン・チェックイン

ウラジオストク航空が8月9日より、WEB上でチェックインが可能となります。
このチェックインはさしあたり、モスクワ、ウラジオストク、ハバロフスク、ソチ、クラスノダール、ノボシビルスク、アバカン、イルクーツク、ペトロパブロフスク・カムチャツキで可能です。これが国際線にまで導入されるのかはまだわかりません。
このサービスは出発の24時間前から3時間前まで利用ができます。ウラジオストク航空のメインページから入ります。利用者はチェックインしたあと、搭乗券をプリントしなければなりません。子連れの方は現在の段階では利用ができません。






★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

by russia007 | 2010-08-05 13:59 | 航空機・鉄道・車

アエロフロートがモスクワから北京への便を倍増を計画。

アエロフロートがモスクワから北京への便を倍増を計画。

6月24日から、毎日1便の運行を2便に増便の予定。
新しい便はモスクワから13時55分、北京への到着が1時、折り返しは2時30分発モスクワ着が6時55分
機材はボーイング767.
他にトランスアエロが夏季週2便で運航予定、こちらは機材がボーイング747
















ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
by russia007 | 2010-04-27 12:35 | 航空機・鉄道・車

ヨーロッパの航空便の運行がほとんど回復

ヨーロッパの航空便の運行がほとんど回復
4月22日3時
ヘルシンキや他のフィンランドの空港が22日木曜日の午後から回復しました。
同様に、ヨーロッパの空港もオープンしました。
ただし、現在でもスウエーデンのマリメなど、いくつかの空港がクローズしたままとなっています。
ほとんどの便がスケジュール通りの運行に戻ってきています。ですが、オンラインのチェックインがまだ利用できない、あるいは、チェックインの受付が早くに終了してしまうなどの不便さが残っています。
















ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
by russia007 | 2010-04-23 12:38 | 航空機・鉄道・車

ロシアでアイスランドの火山による航空便のキャンセルが出始めています。

ロシアでアイスランドの火山による航空便のキャンセルが出始めています。

スイス航空が火山灰のサンクトペテルブルグへの接近により、ロシアへの便で最初のキャンセルとなりました。
このためペテルブルグ到着が4月16日14時20分、折り返し15時10分の便が運行中止となりました。

ロシアを除く北ヨーロッパの全便が運航中止となっています。
現在の段階でプルコヴォ空港はオープンしており、ロシア国内線の航空便でキャンセルとなっている便はありません。
一方フィンランドの全ての航空便は夜中から運行中止となっています。
スカイ・エクスプレス社はモスクワからムルマンスクへの便を7時間遅延しました。ただしこの遅延は火山によるものなのか、この会社が通常おこしている遅延なのかは不明です。木曜日から金曜日の夜にかけてはほとんどのスカイ・エクスプレスは4時間遅れとなりました。
ユナイテッド・エアラインはワシントンからモスクワへの15日の便と折り返しの16日の便を運行を中止しました。
デルタ航空はニューヨークからモスクワへの便を2時間の遅延を伴い運行しました。
北ヨーロッパは金曜日のなかばまで運行を中止する模様です。
バルト諸国は全て運行中止、空港が閉鎖となっているのは北フランスと北ドイツの空港、パリとハンブルグ。
イギリス、アイルランド、ノルウエー、スウエーデン、デンマーク、オランダ、ベルギーがその前に閉鎖となっています。














ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
by russia007 | 2010-04-16 11:15 | 航空機・鉄道・車

列車104番アドレル・モスクワが2時間短縮

列車104番アドレル・モスクワが2時間短縮

ロシア鉄道は104番列車アドレル・モスクワ間2時間短縮してソチからモスクワまで25時間で運航することができるようになりました。
アドレルからは16時54分、(ソチ17時36分、クラスノダール22時35分)ロストフ・ナ・ドヌーへは1時55分、ヴォロネジ10時36分、リャザン15時42分モスクワには18時52分に到着します。この時刻表での運行は5月31日からとなります。













ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
by russia007 | 2010-04-15 10:22 | 航空機・鉄道・車