アゼルバイジャン・シェキからバクーへ

グルジアのカへチア地方から陸路アゼルバイジャン国境を越え、大コーカサス山脈を左に眺めながらあまり良くない道を約3時間。シルクロードの中継点として栄えた古都シェキに到着します。シェキは昔ながらのキャラバンサライ(隊商宿)が残る石畳の道が印象的な落ち着いた街。石造りや赤レンガの街並みが歴史を感じさせます。
 この街で一番大きなホテルがキャラバンサライ。その名の通り300年前からある隊商宿を改装した由緒正しいホテル。隣のイスラム寺院から流れてくるコーランの調べを聴いていると300年前にタイムスリップした気分になります。
 食事はキャラバンサライホテル内のレストランも良いのですが、近くの庶民風レストランもお勧め。チキンを注文すると庭に走り回っていた鶏を捕まえ、そのまま調理します。羊も同じ。新鮮な食材に感動(?)した食事となることは間違いなしです。
 シェキを後にしてバクーへ250km。なだらかな岩肌が露出している峠を延々とゆっくり車で5時間、途中古都シェマハで休息をとり山が見えなくなるとようやくバクーに到着。眼下に広がるカスピ海を見るとようやくバクーに到着したという実感が沸いてきます。
a0109837_172772.jpg


ロシアへのご旅行はロシア旅行社で

資料・パンフレッドの請求はこちらへ
[PR]
by russia007 | 2007-11-09 17:02 | アゼルバイジャン
<< R.シュトラウス 「エレクトラ... クタイシ >>