ダンチェンコ劇場の若手プリンシパル:セルゲイ・ポルーニン

a0109837_19392824.jpg

ダンチェンコ劇場の若手プリンシパル:セルゲイ・ポルーニン

ウクライナ生まれ、4歳から8歳までスポーツ学校で体操を学ぶ。9歳のときにキエフ国立舞踊学校へ入学、2003年の13世のときにロンドンの王立バレエ学校へ留学、17歳の時に王立バレエ団入団、19歳で王立バレエ団最年少でプリンシパルになる。レパートリーはマクミランの「マノン」のデ・グリュー、バヤデルカのソロル、ジゼルのアルベルト、くるみ割り人形王子、シンデレラ王子、眠りの森の美女のデジレ王子、マルガリータとアルマンのアルマン。
2011年に彼のために特別にウイルドンが制作した「不思議の国のアリス」に出演。
2006年に「ローザンヌ・バレエ・コンクール」で金賞受賞、2012年からダンチェンコ劇場のプリンシパルになる。ダンチェンコ劇場でのレパートリーはドン・キホーテのバジル、ジゼルのアルブレヒト、コッペリアのフランツ、白鳥の湖のジークフリート王子、くりみ割り人形王子などがあります。






























「ナルシス」 ロシアで放映された「ビッグ・バレエ」から









★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2013-02-07 19:40 | ダンチェンコ劇場
<< ラトビアのユールマラでブロンド... ワーグナー作曲 歌劇 さまよえ... >>