2010年マリインスキー国際バレエフェスティバル 3

もうひとつフェステヴァルのメインとなるのは世界の主要なバレエ・カンパニーのスター達の出演です。
レオニード・ラブロフスキーの演出の「ロミオとジュリエット」では、4月17日ポリーナ・セミョーノワ(ベルリン国立バレエ)
とウラジーミル シクリャロフ(マリインスキー劇場)、4月18日のバヤデルカでは主役をヴィクトリヤ・ティリョーシキナとイーゴリ・ゼレンスキー(マリインスキー劇場)、およびマリヤ・アレクサンドロヴァ(ボリショイ劇場)、19日の夜はジョージ・バランシンのアポロンではマチエ・ガイオ(パリ・オペラ座)、20日のジゼルではナターリヤ・オシポワ(ボリショイ劇場)とレオニード・サラファーノフ(マリインスキー劇場)、21日の「白鳥の湖」ではボリショイ劇場のスヴェトラーナ・ザハーロワとアンドレイ・ウヴァーロフ、24日はアリ-ナ・ソーモワ(マリインスキー劇場)とデヴィッド・ホルバーグ(アメリカン・バレエ・シアター)が「眠りの森の美女」の主役を演じます。

フェスティヴァルは4月25日ガラ・コンサートで終了します。ガラコンサートにはマリインスキー劇場のソリスト達のほか招待されたソリスト達:デヴィッド・ホルバーグ、ダニール・シムキン、アリーナ・コジョカル他のフェスティヴァルのスター達がおどります。





ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
[PR]
by russia007 | 2010-03-04 16:59 | マリインスキー劇場
<< マルギラン シルク工場に行って... 2010年マリインスキー国際バ... >>