<   2016年 02月 ( 57 )   > この月の画像一覧

アルメニアのレストランにて

アルメニアのレストランのテーブルにあった塩を入れる器です。いかにもアルメニアらしい!!という感じの器です。なんだか日本の博物館にある「埴輪」みたいですね。

ロシア旅行社で行くコーカサス器を求める旅
a0109837_172043.jpg

[PR]
by russia007 | 2016-02-29 17:02 | コーカサス | Comments(0)

サンクトペテルブルクの遊園地

サンクトペテルブルクの遊園地”Divo Ostrov”(奇跡の島)です。
訪れた日はあいにくの雨で、ほとんどの乗り物が稼働していませんでしたが
絶叫系の乗り物が多いようです。
ロシアでこのような乗り物に乗るのは、ちょっと勇気がいる気がしますが・・・。

ツアー募集中♪
5月26日発「初夏のサンクトペテルブルクと古都ノーヴゴロド8日間」

a0109837_1852255.jpg

[PR]
by russia007 | 2016-02-26 18:52 | ロシア情報 | Comments(0)

バルトのお土産シリーズ

前回に引き続きバルトのお土産シリーズです。手芸の続きですが、こんな感じのお人形さんも売っていました。素朴かつ洗練されたデザイン、という感じですね。

ロシア旅行社で行くラトヴィア手芸品を求める旅
a0109837_1772675.jpg

[PR]
by russia007 | 2016-02-26 17:07 | バルト諸国 | Comments(0)

巡洋艦「オーロラ」号

サンクトペテルブルクの巡洋艦「オーロラ」号が2014年9月からクロンシュタットのドックに入っていましたが、修理が終わり今年の7月15日ニペトログラ-ド沿岸に係留されます。以前6室あった展示室が今度は9室になりました。マルチメディア化されwifiもつながるとのこと。

[PR]
by russia007 | 2016-02-26 17:04 | サンクトペテルブルクの旅行 | Comments(0)

ウラジーミル教会

サンクトペテルブルクにあるウラジーミル教会です。
この教会の信徒には、作家ドストエフスキーもいました。
教会は町中にあり、入場も無料なので足を運んでみてはいかがでしょうか。
ロシア正教の雰囲気を身近に感じることができます。

5月26日発「初夏のサンクトペテルブルクと古都ノーヴゴロド8日間」


a0109837_1850271.jpg

[PR]
by russia007 | 2016-02-25 18:51 | ロシア旅行社添乗員同行ツアー | Comments(0)

ロシア教会の鐘の音

ロシアの教会の鐘の音は心と健康に良いのだそうです。
鐘の高周波で空気中の細菌を消毒、病気が治り、オーラが回復します。空間のマイナスエネルギーをプラスエネルギーに変えます。
ぜひ、生の音をロシアで聞きましょう。



[PR]
by russia007 | 2016-02-25 17:21 | ロシア情報 | Comments(0)

ラトヴィアの民芸品

ラトヴィアのリーガの市場で見つけました。布製品だとリネンの布など案外地味なものが多いのですが、手芸品には結構カワイイものもあります。旧市街を歩くと、意外な掘り出し物を見つけるかもしれません。

ロシア旅行社で行くラトヴィア民芸品の旅
a0109837_17124157.jpg

[PR]
by russia007 | 2016-02-25 17:13 | バルト諸国 | Comments(0)

スターラヤ・ルッサのキリスト復活大聖堂

スターラヤ・ルッサのキリスト復活大聖堂です。
ロシアの宗教的建造物は個性的な色遣いのものが多いのですが
この聖堂も、絵本の中から出てきたような色合いをしています。

スターラヤ・ルッサに行くツアーはこちら
5月26日発「初夏のサンクトペテルブルクと古都ノーヴゴロド8日間」


a0109837_18173842.jpg

[PR]
by russia007 | 2016-02-24 18:21 | ロシア旅行社添乗員同行ツアー | Comments(0)

海岸沿いの散歩

a0109837_1710499.jpg
ラトヴィアのリーガ近郊のユールマラ海岸はウオーキングやサイクリングが盛んです。5月には暖かくなり、リーガ市民が沢山ユールマラに集まりますよ。5月のバルトは真夏と比べまだまだ人ごみを避けられるのでおススメです。

ロシア旅行社で行くバルト海海岸散歩の旅
[PR]
by russia007 | 2016-02-24 17:10 | バルト諸国 | Comments(0)

天窓の間

エルミタージュ美術館の「天窓の間」です。
絵画に自然光が均等に当たるよう、天井窓が設置されていることからこのように呼ばれています。
中でも存在感を示しているのが、ウラル産の緑色孔雀石で作られた杯です。

エルミタージュ美術館は終日見学!
5月26日発「初夏のサンクトペテルブルクと古都ノーヴゴロド8日間」


a0109837_18561917.jpg

[PR]
by russia007 | 2016-02-23 18:57 | ロシア旅行社添乗員同行ツアー | Comments(0)