<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヤースナヤ・ポリャーナでソフィヤ・トルスタヤの料理クラス


ヤースナヤ・ポリャーナでソフィヤ・トルスタヤの料理クラス


レフ・トルストイ邸宅博物館「ヤースナヤ・ポリャーナ」に観光客のために新しい観光プログラムができました。
そこではソフィア・トルスタヤの料理の本をもとにした料理のマスタークラスが開かれます。
この企画は「アンケのケーキまたは邸宅料理の秘密」と呼ばれています。
アンコフのケーキはお祝いごとがあるとトルストイ家で作られていました。
ソフィヤ・トルスタヤはこのケーキのレシピを母親から教わりました。アンケはトルストイ家の医師の姓からきています。
マスタークラスはヤースナヤ・ポリャーナの敷地内にあるレストラン「貴族の屋敷」で行われます。
レストラン・シェフのニコライ・ムラヴョフにより定期的に行われる予定です。



a0109837_16493372.jpg






★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-12-14 16:50 | モスクワの美術館・博物館 | Comments(0)

ミンスクに2階建ての観光バス

ミンスクに2階建ての観光バス

バスは12月14日から運行。鉄道駅から独立大通りを通り国立図書館まで、次にカリノフスキー通り、ケドィシコ通り、フィリモノフ通りを通って独立大通りへ。ヴェーラ・ホルハ通り、ボグダノヴィチ通り、勝利大通り、ミンスク競技場まで、そこで折り返して、Gum百貨店、独立大通りを通って駅に戻ります。所要時間は約1時間半。



a0109837_14581452.jpg





★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-12-14 14:59 | ベラルーシ | Comments(0)

クリミアのヤルタでマローズ(ロシアのサンタクロース)・パレード (ウクライナ)

クリミアのヤルタでマローズ(ロシアのサンタクロース)・パレード (ウクライナ)

12月22日第3回市主催「マローズ・パレード」が開催されます。
このイベントは古代スラブの新しい太陽の誕生を記念して冬至に行われることになりました。
年毎にこのイベントの参加者が増え昨年は570名が参加しました。
参加者の受付は12月18日からを行われます。


a0109837_14245582.jpg






★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-12-14 14:21 | ウクライナ | Comments(0)

タウリケー(タウリス)のイーピゲネイヤ(イフィゲーニヤ)


タウリケーは現在のクリミアです。

「タウリケーのイーピゲネイヤ」はギリシャの悲劇作家エウリーピデースの作品。
「タウリスのイフィゲーニヤ」はグルックの歌劇です。

王女イーピゲネイヤは父王アガメムノン(トロイア戦争に参加した王)により生贄にされますが、最後の瞬間、女神アルテミスは彼女を救い出し、クリミアでアルテミスの神官とします。
後日、母殺しの罪により追放された弟オレステースと出会い、帰国し妹のエーレクトラーと再開します。

エーレクトラーは「エレクトラ・コンプレックス」の語源となっている女性です。

クリミアは古代ギリシャの文学作品にしばしば登場します、是非一度訪れてみてください。


グルック:歌劇「タウリスのイフィゲニア」 (2CD) (Gluck, Christoph Willibald: Iphigenie en Tauride)


タウリケーのイーピゲネイア (岩波文庫)







★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-12-13 13:28 | ウクライナ | Comments(0)

アイシャ・ハフサ・スルタン

アイシャは、クリミア・ハン国(現在のウクライナ)メングリ1世ギレイの娘で、オスマン帝国のセリム1世に嫁いだ美貌の女性。オスマン帝国最盛期を築いたスレイマン1世の母親でもあります。トルコ・ドラマ「壮麗なる世紀」によると、ロシア語を解していたそうです。アイシャやヒュッレム(アレクサンドラ)の故郷であるクリミアは是非一度訪れてみたいところです。


a0109837_10582954.jpg






★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-12-13 10:58 | ウクライナ | Comments(0)