<   2009年 12月 ( 69 )   > この月の画像一覧

グルジア・ワイン農家での食事

グルジアのカへチアでのワインファクトリーを見学した後、近くの農家で昼食をとりました。この農家は昔ながらのカへチアの農家とのことですが、どことなく日本の昔のかやぶき屋根の農家を思い出させる造りです。
庭にはニワトリや七面鳥が走り回り、ブドウの棚がありグルジアの風情を感じさせます。
 食事はそのブドウ棚の下にセッティングされました。目玉はなんといっても自家製ワイン。ほんのり酸っぱい忘れられない味。その他農家で取れたフルーツやジャガイモ、肉など新鮮素材の家庭料理を堪能しました。グルジアの最大の魅力はファームステイです。

コーカサス3国、食文化と民族10日間a0109837_16563212.jpg















ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
[PR]
by russia007 | 2009-12-29 16:56 | グルジア | Comments(0)

スターリン様式建築

 モスクワにはスターリン様式の中でもひときわ重厚とされるスターリン・ゴシック建築の建物が7棟残っています。このスターリン様式建築というのは主に1933年-1955年の間に社会主義の発展と革命の達成を表現することを目的に建設されたもの。旧共産圏独特の建築様式です。現存する建物としては①芸術家アパート②文化人アパート③ロシア連邦外務省④ウクライナホテル(改装中)⑤モスクワ大学本館⑥旧ソ連邦運輸機関建設省⑦ヒルトン・モスクワ・レニングラーツカヤの7つです。
 この建築物をまわるだけで一日のツアーが出来上がってしまいます。この様式のマニアの方にはオプショナルとしてポーランドまで足を延ばし、ワルシャワの文化科学宮殿を見学する追加オプションの対応も可能です。

モスクワの青春5日間a0109837_16471849.jpg














ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
[PR]
by russia007 | 2009-12-29 16:47 | ロシア旅行社・フリーツアー | Comments(0)

ロシアとグルジアの道路国境が2010年3月1日より再開

ロシアトグルジアの国境の2006年7月から閉鎖されていた自動車道路カズベキ - ヴェルフニー・ラルスが2010年3月1日より開通します。 

モスクワとトビリシが、この国境の開通について合意しました。

カズベキ - ヴェルフニー・ラルスはロシアとグルジアの国境にある唯一の公式な自動車道路です。



ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
[PR]
by russia007 | 2009-12-26 14:26 | グルジア | Comments(0)

モスクワ・シェレメチエボ空港のアエロエクスレスにビジネスクラスができました。

「アエロエクスプレス」社は空港から市内へ1月からシェレメチエボニ空港行きにビジネスクラスにチケットを販売します。料金は片道700ルーブル、通常の料金が250ルーブルですので、ほぼ3倍高い料金設定です。

この料金で乗客は冷たい飲み物や印刷物が提供されます。2月からはビジネスクラスの1つのワゴンで無線インターネットが利用できるようになります。この車両は空港行きでは先頭車両、市内行きでは最後部の車両となります。




ロシア旅行社・ホームページへ→

資料・パンフレッドの請求はこちらへ
[PR]
by russia007 | 2009-12-26 14:09 | モスクワ | Comments(0)

バルト 雑貨の旅

最近、バルト三国が注目されています。バルト3国というとソ連を構成した国というイメージが残り、少し暗い印象を持つ方がいらっしゃると思いますが独立後、大きく変わっています。
 基本的にバルト三国のベースはハンザ同盟などドイツ人が深く関わっており、文化的にもヨーロッパ。ロシアとの国境を越えると教会の造りに顕著に違いがあらわれます。ロシアの正教会に対してエストニアはルター派プロテスタント、ラトビアはルター派プロテスタントとローマカトリック、リトアニアはローマカトリックを信仰しており、三国とも西方教会の影響下で文化的に発展してきました。そのため街並みが完全にドイツ的。歩いているとそういえばこの前訪問したチェコのチェスキー・クルムロフそっくり、という感想を持ちました。
 最近のバルトの旅の楽しみは雑貨探し。特にエストニアは地理的に北欧に近く、フィンランドやスウェーデンの経済的・文化的な影響が顕著。町を歩いていても北欧の国と間違えるくらい北欧的な雰囲気を持っており、お土産屋さんには北欧雑貨的な「バルト雑貨」が沢山並んでいます。木造の食器や手作りの人形など、コレクションには持って来いのものが見つかると思います。
 今年の夏はどこに行こうか迷ったら是非バルト三国をおすすめします。a0109837_16583396.jpg

ロシア旅行社・ホームページへ→

資料・パンフレッドの請求はこちらへ
[PR]
by russia007 | 2009-12-25 16:58 | バルト諸国 | Comments(0)

サンクトペテルブルグのプルコヴォ空港で無料で無線インターネットの回線が利用できるようになりました。

サンクトペテルブルグのプルコヴォ空港で無料で無線インターネットの回線が利用できるようになりました。
空港の2つのターミナル内でプルコヴォ第1ターミナルに14箇所、第2国際ターミナルに7か所から電波が供給されているので全空港ターミナル内をカバーしているとのことです。





ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
[PR]
by russia007 | 2009-12-25 14:18 | サンクトペテルブルクの旅行 | Comments(0)

今年の秋にモスクワにオープンした「イコンの家」が旅行者に人気


今年の秋にモスクワにオープンしたイコンの家が旅行者に人気ですでに4500人がおとずれました。

博物館には5つの展示室があり、テーマによって分けられています。展示は全部で2500点以上あります。
伝統的な主題を伴ったイコンや芸術的価値のある古いイコンなど様々なイコンがあります。

このユニークな博物館は、展示センターと寺院が一緒になっているのでイコンの歴史を知ることができるばかりはなく、教義に関する多数の質問に答えてもらうこともできます。

イコンの家は「博物館通り」にあり、隣にリャブシンスキー邸があります。
入場は無料です。





ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
[PR]
by russia007 | 2009-12-25 11:27 | モスクワ | Comments(0)

ドゥンガン人のモスク

キルギスに行き初めて耳にした民族名が「ドゥンガン人」です。中央アジアは民族が入り組んでおり例えばタジク人やカザフ人、ウズベク人などが同じ町に住んでいることが稀ではないのですが一体「ドゥンガン人」とは?
 ドゥンガン人は簡単に言えば中国に住んでいたムスリムのこと。いわゆる中国系ムスリムです。これは清朝末期から続く中国国内の混乱から主に陝西省・甘粛省、そして新疆ウイグル自治区から逃れてきた人達の末裔です。同じ中央アジアを旅行していてウズベキスタン等でドゥンガン人の名前を耳にしないのは中国と国境を接していないため数が少ないことが理由です。ドゥンガン人の数はキルギスが一番多く、その次がカザフスタンとのことです。
 カラコルにはこのドゥンガン人のモスクがあります。このモスクは外見がどちらかというとチベット仏教のお寺のようです。そこはやはり中国のカルチャーが入っているからでしょうか。ただし、外見はお寺でも中はイスラム寺院。カーペットが敷きつめられ、メッカの方向を指し示す方向版もあり、信者が熱心にお祈りするのは他のモスクと同じです。ドゥンガンを見ると、中国の近くに来たことを実感することができます。

イシク・クル湖とキルギス8日間a0109837_184474.jpg





ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
[PR]
by russia007 | 2009-12-24 18:04 | キルギス | Comments(0)

シェレメチエボ・ターミナルEは3ヶ月後のオープンの予定

モスクワのシェレメチエボ空港の新しいターミナルEは夏季スケジュールの運行が始まる3月末のオープン予定。

ターミナルEは「アエロエクスプレス」の建物につながり、現在第2ターミナルを利用している航空会社が料予定。

ターミナルEは24のエレベーター、8つのエスカレーターができます。1時間に1600名の乗客(960名の出発者と640名の到着者)、年間700万人の手続きを処理する能力があります。

新しいターミナルのオープンでシェレメチエボ空港は年間3000万人弱を取り扱うことができるようになります。
チェックインカウンターは37、パスポート・コントロール・キャビンは44、デューテイ・フリーショップは合わせて8000M3、これは全ターミナルの1/10を占めます。

(従来のターミナル3はDに、ターミナル2はFとなっています。)








ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
[PR]
by russia007 | 2009-12-24 13:39 | モスクワ | Comments(0)

サンクトペテルブルグで、観光料の徴収が実現する可能性

サンクトペテルブルグの知事ワレンチナ・マトヴェンコは、市内に入る旅行者からお金を徴収することを提案しました。徴収したお金で市内の記念碑や建造物の修復を行うというものです。
知事によると額は、旅行者には、それほど負担にはならないと思われる2ユーロ程度。
このような徴収はヨーロッパの他の国ではすでに行われているとのこと


サンクトペテルブルグ州政府会議で、知事は専門委員会に次回連邦レベルでこの件について協議できるよう提案をまとめるように委託しました。



ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
[PR]
by russia007 | 2009-12-24 13:29 | サンクトペテルブルクの旅行 | Comments(0)