カテゴリ:アゼルバイジャン( 13 )

バクー油田

近代産業の発達を促したのが石油エネルギーですが、近代の石油需要を満たしたのがバクー油田からの石油です。今はカスピ海油田の方が産油量が多くなってきているようですが今でもバクー油田は健在。石油採掘櫓がいたるところに建っています。石油が出ない日本に住んでいる我々にとってはちょっと見慣れない光景でかえって新鮮です。

コーカサス3国の世界遺産・歴史紀行9日間



a0109837_9484375.jpg
ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
[PR]
by russia007 | 2010-02-10 09:48 | アゼルバイジャン | Comments(0)

アゼルバイジャンの民家風レストラン

アゼルバイジャンの民家風レストランにて食事をしました。軒先にはニワトリが走り回り非常にワイルドな感じ。お勧めは鶏の料理、ということで注文をしたところ、レストランの人がナイフを持って庭に走り回っている鳥の首をブスッとはねてゆき、しばらくしたらその料理が運ばれてきてびっくり。冷静に考えると日本でも海沿いでは活きている魚を目の前でさばいているわけで、これはこれで何となく納得。新鮮な鶏肉を有難くいただきました。



a0109837_10522435.jpg
ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
[PR]
by russia007 | 2010-02-05 10:52 | アゼルバイジャン | Comments(0)

アゼルバイジャンの首都 バクー

アゼルバイジャンの首都バクーは人口180万人を数えるコーカサスで一番大きい町。主に石油関係のビジネスで賑わっており、コーカサスの他の都市とは少し異なる趣を感じさせます。宗教はイランと同じシーア派イスラム教。文化的にはイランに近いようです。旧市街やカスピ海沿いの散歩など観光の魅力も沢山です。


a0109837_16582278.jpg
ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
[PR]
by russia007 | 2010-02-03 16:58 | アゼルバイジャン | Comments(0)

シェキの街

グルジアとの国境を越えて約4時間。ところどころオアシスのような村があるものの全体的に荒涼とした大地を抜けたところにアゼルバイジャンの古都・シェキがあります。
 このシェキは2,500年前より人が居住した跡がある古い街ですが、現在の街は1700年代に洪水で流された跡にハーンの宮殿を中心として建設されたものです。赤レンガの落ち着いた街並みが特徴で、お祈りの際に街に流されるコーランの調べがエキゾチックな雰囲気をかもし出します。
 シェキのホテルは当時実際使われていたキャラバンサライを改装したもの。当時の雰囲気を最大限尊重して改装されており、かつてのシルクロードの西の端の雰囲気を十分楽しめます。一口にコーカサスといっても、アルメニア、グルジアとキリスト教国とは全く違う雰囲気を持つアゼルバイジャン。どちらかというと中央アジアの雰囲気も漂わせるこの国も訪れる価値は十分あります。

コーカサス3国、食文化と民族10日間

a0109837_1221258.jpg
ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
[PR]
by russia007 | 2010-01-18 12:02 | アゼルバイジャン | Comments(0)

アゼルバイジャンへの道

グルジアのカへチアを越えると荒涼としたコーカサスの大地を走り抜けます。カへチアから約1時間半、緑が広がってくるとアゼルバイジャンとの国境です。川が国境線になっていました。
 アゼルバイジャンへは100mほどの橋を徒歩で渡って越えることになります。ゲートをくぐると国境検問所の建物に通されました。アルメニアとグルジアの国境ではパスポートコントロールがあるのみでそのほかはそれほどものものしいチェックなどは無かったのですが、今回は荷物の中を全て開けられ一つ一つチェックをされました。特にアルメニアで買った製品については厳しい質問が・・・・。コニャックは無事だったものの、アルメニアで購入した地図はナゴルノ・カラバフがアルメニア領である旨表記されているとの理由で全て没収。本で読んだことがあるとは言え、アルメニア・アゼルバイジャンの間の緊張がこれほど高いとは想像もしていませんでした。近隣国の関係はどこに行っても難しいと感じました。
 入国審査が終わるといよいよアゼルバイジャンの旅。とりあえずはまた荒涼としたコーカサスの大地をアゼルバイジャン最初の目的地であるシェキに向かって走り抜けてゆきます。

コーカサス3国、食文化と民族10日間

a0109837_19284144.jpg

ロシア旅行社・ホームページへ→
資料・パンフレッドの請求はこちらへ
★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
[PR]
by russia007 | 2010-01-15 19:28 | アゼルバイジャン | Comments(0)

シェキ

アゼルバイジャンの古都・シェキは赤レンガの建物が特徴的な落ち着いた古都です。山の中腹にある街並みは非常に静かで良い雰囲気です。

コーカサス3国 食文化と民族10日間a0109837_1673376.jpg

ロシア旅行社・ホームページへ→

資料・パンフレッドの請求はこちらへ
[PR]
by russia007 | 2009-08-31 16:07 | アゼルバイジャン | Comments(0)

アルバニア教会

アゼルバイジャンのシェキ郊外にアルバニアといわれる民族の教会があります。これはバルカン半島のアルバニアとは違い、アゼルバイジャン人の祖先にあたる人たちです。大コーカサス山脈の山中にあり、雄大な景色が楽しめます。

コーカサス3国 食文化と民族10日間a0109837_165110.jpg

ロシア旅行社・ホームページへ→

資料・パンフレッドの請求はこちらへ
[PR]
by russia007 | 2009-08-31 16:05 | アゼルバイジャン | Comments(0)

アゼルバイジャンへの道

グルジアのカへチアを出ると後はアゼルバイジャン国境まで2時間程度。キリスト教からイスラム教に変わる辺境地にあるキリスト教会です。どことなく威厳があります。

コーカサス3国 食文化と民族10日間a0109837_1614158.jpg

ロシア旅行社・ホームページへ→

資料・パンフレッドの請求はこちらへ
[PR]
by russia007 | 2009-08-31 16:01 | アゼルバイジャン | Comments(0)

アゼルバイジャン料理

アゼルバイジャンはトルコ系の民族。アゼリー・トルコ人といわれるくらいトルコに近い関係にあります。アゼルバイジャン料理もトルコ料理に近い関係にあります。

コーカサス3国 食文化と民族10日間a0109837_10174336.jpg



ロシア旅行社・ホームページへ→

資料・パンフレッドの請求はこちらへ
[PR]
by russia007 | 2009-08-18 10:17 | アゼルバイジャン | Comments(0)

カスピ海沿いの散歩

アゼルバイジャンのバクーにある海岸公園。約2km近くの散策路を歩くと市民が思い思いに海辺の景色を楽しんでいます。

コーカサス3国 食文化と民族10日間a0109837_1034872.jpg




ロシア旅行社・ホームページへ→

資料・パンフレッドの請求はこちらへ
[PR]
by russia007 | 2009-08-18 10:03 | アゼルバイジャン | Comments(0)