カテゴリ:カザフスタン( 11 )

カザフステップ

世界で9番目に大きい国土のカザフスタンは砂漠とステップが大部分を占めます。時には何にもないステップを駆け抜けるのも良いものですよ。今は限定ですが、日本人はカザフビザが免除になっています。
a0109837_17302539.jpg

[PR]
by russia007 | 2015-03-25 17:30 | カザフスタン | Comments(0)

コジャ・アフメド・ヤサウィ廟 全景

南カザフスタンの世界遺産、コジャ・アフメド・ヤサウィ廟の全景です。周囲はカザフらしいステップ(というより砂漠に近い)が広がっています。
a0109837_1173286.jpg

[PR]
by russia007 | 2015-03-18 11:07 | カザフスタン | Comments(0)

コジャ・アフメド・ヤサウィ廟

南カザフスタンのコジャ・アフメド・ヤサウィ廟近くで見つけた、多分マーモットと思われる動物です。ちょっと可愛かったです。ただ、この動物、モンゴルではタルバカンに相当すると思います。モンゴル人だったら喜んで捕まえて石焼きにして食べてしまいますよ。
a0109837_1622910.jpg

[PR]
by russia007 | 2015-03-17 16:22 | カザフスタン | Comments(0)

オトラル遺跡・2

オトラル遺跡の発掘現場です。お国柄、何が出ているかという説明など一切ないぶっきらぼうさですが、何かいろいろ発掘されているのは十分にわかります。雰囲気抜群です。
a0109837_107347.jpg

[PR]
by russia007 | 2015-03-16 10:07 | カザフスタン | Comments(0)

オトラル遺跡

南カザフスタンにある有名な遺跡・オトラル遺跡です。5月にはかなり暑くなりますので、ご渡航を御検討の方、なるべくお早めに。

天山北路ステップルート9日間
a0109837_103585.jpg

[PR]
by russia007 | 2015-03-16 10:03 | カザフスタン | Comments(0)

カザフスタンの世界遺産

カザフスタンの世界遺産コジャ・アフメド・ヤサウィ廟です。
南カザフスタンはアルマティから入るよりもタシケントからの方が便利ですが、それにしても結構遠いです。でも一見の価値はありますよ。
a0109837_178436.jpg










★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2013-12-12 17:07 | カザフスタン | Comments(1)

シムケント

シムケントはカザフスタン南部の主要都市で、タシケントからも近く、ウズベク人の割合が多いことが特徴です。
 中央バザールは商売上手なウズベク人の出店で賑わっており、カザフスタンにいながらウズベキスタンの気分が味わえる面白い町です。中心部のオルダバス広場周辺は市民の憩いの場で、新たに作られたオルダバス公園は真新しいモニュメントで新生国家を象徴した造りになっています。
a0109837_17412610.jpg










★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-06-05 17:41 | カザフスタン | Comments(0)

カザフスタンの遺跡巡り

カザフスタンの遺跡と言えばオトラルの遺跡が有名です。世界史を学んだ方なら必ず一度は耳にしたことがあると思いますがいわゆる「オトラル事件」が起こったところです。モンゴルの中央アジア遠征が始まった歴史的な場所として有名です。
 オトラル遺跡はトルキスタンから車で約2時間のステップの真ん中にあります。夏は酷暑、冬は極寒の厳しい環境にあるので、訪問する季節を選んだほうが良いでしょう。ちなみに、4月の後半でも気温は38℃あり、日差しが強くそれなりの対策が必要でした。8月頃は50℃近くになると思います。
 このような場所からモンゴルの征西が始まったかと思うと感慨深いものがありますが、現在はただののどかな風景が広がっております。当時の陶器の破片なども沢山落ちており、考古学ファンには
たまらない場所です。
a0109837_18532995.jpg










★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-06-01 18:53 | カザフスタン | Comments(0)

コジャ・アフメド・ヤサウィ廟

 カザフスタンの世界遺産はそれほど数が多くないのですが、一番有名なのがコジャ・アフメド・ヤサウィ廟です。この廟はトルキスタンという町にあり、トルキスタン自体がこの廟の門前町のような役割を果たしています。
 コジャ・アフメド・ヤサウィ廟はティムール建築の代表的なもので、サマルカンドを思い起こさせる堂々たる建築物です。また、イスラム神秘主義のスーフィー教団の一派の中心地でもあることから全イスラム諸国から巡礼のために人々が集まって来ます。そのため、トルキスタンの町自体が巡礼の町となっており、神秘的な雰囲気につつまれています。カザフスタンの宗教的なメッカであるトルキスタンに一度訪問されてはいかがですか?
a0109837_16584671.jpg









★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-05-30 16:58 | カザフスタン | Comments(0)

カザフとキルギスの食事

カザフとキルギスに行って来ました。
ウズベキスタンは良く行くのですが、カザフスタンじっくりは初めてでした。良く見ると中央アジア全体が同じような食べ物のようで異なる点も多いように感じました。
 今回初めて体験をしたのがカザフとキルギスで食べられている揚げパン「ボルソク」です。
これは家庭料理だそうですが、日本のカレーパンの具のないようなものでした。ひまわり油でカラッと揚げているのでそれほど油に苦しめられることなく食べることができました。ただ、カザフスタンの南部地域では綿花油で揚げているものもあるそうで、その場合は良く体調と相談しながら食べた方がよさそうです。経験上、綿花油は日本人の体質からすると刺激が強すぎ、お腹をこわすことがあるので要注意です。
 もちろん、ウズベキスタンで食べられているナンもカザフスタン、キルギスでも一般的に広く食べられています。

a0109837_1732776.jpg
★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-05-25 17:32 | カザフスタン | Comments(0)