カテゴリ:ロシア旅行社・フリーツアー( 120 )

ピローグの続き

昨日ご紹介いたしましたピローグは、切る前はこんな感じで並んでます。

サンクトペテルブルク物語5日間
a0109837_1712719.jpg

[PR]
by russia007 | 2015-04-24 17:01 | ロシア旅行社・フリーツアー | Comments(0)

ロシアのピローグ

ロシアのパイ、ピローグです。最近は非常に質の良いお店が沢山ありますよ。サンクトペテルブルクのピローグ、お勧めです。

サンクトペテルブルク物語5日間
a0109837_17392943.jpg

[PR]
by russia007 | 2015-04-23 17:39 | ロシア旅行社・フリーツアー | Comments(0)

白夜祭の季節です。

待ちに待ったサンクトペテルブルクの白夜祭シーズンが発表されました。今年はすこし長めです。サンクトペテルブルクでボルシチはいかがですか。
a0109837_15203511.jpg


サンクトペテルブルク物語5日間
[PR]
by russia007 | 2015-04-21 15:20 | ロシア旅行社・フリーツアー | Comments(0)

ノヴゴロドの木造建築博物館

ロシアの古都ノヴゴロド(他の"ノヴゴロド"と名付けられた都市と区別するため"ヴェ―リキ―・
ノヴゴロド"と呼ばれます。)はサンクトペテルブルクからバスで3時間半ほどの地方都市です。ここはロシア誕生のころの歴史がつまっており、スラヴの歴史をたどるにはかならず訪れたい都市の一つです。
 この町の郊外にある木造建築博物館「ヴィタスラヴリツィ」は昔のスラヴの素朴な生活を垣間見るにはちょうど良い博物館です。この木造建築博物館の類のものはロシアのあちこちにあるのですが、ここノヴゴロドの博物館は、市内の他の博物館と合わせて総合的なスラヴの歴史学習ができることからお手軽です。本当のロシアを知るために、ノヴゴロドを訪れてみてはいかがですか?a0109837_10545123.jpg









★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-11-05 10:55 | ロシア旅行社・フリーツアー | Comments(0)

モスクワのレストラン

モスクワのレストラン"ゴドゥノフ"のキエフ風カツレツです。揚げたてのキエフ風カツレツは鶏肉の中にバターが詰まっており、切り方を間違えると熱いバターが飛び出してくるので食べる時に要注意です。キエフ風カツレツは街中のカフェでもメニューとしてありますが、作り置きの冷えているものが出てきたり、レンジで加熱したものが出てきたりとあまり美味しくないのが一般的ですが、さすがは一流レストランのゴドゥノフだけあって最高の味です。値段はかなり張りますが、ご旅行中一度は最高のレストランでお食事をされることをお勧め致します。a0109837_17301764.jpg









★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-11-02 17:31 | ロシア旅行社・フリーツアー | Comments(0)

赤の広場のスケートリンク

冬のロシアの魅力を伝えておりますが、モスクワの冬の名物は赤の広場のスケートリンクです。もちろん、行政の中心地であるクレムリンは警備が厳しいので毎年スケートリンクが設置される訳ではないのですが、スケートリンクがオープンするとカラフルなウエア―で市民がスケートを楽しみ、彩が増します。さて、今年もスケートリンクはオープンするのでしょうか?a0109837_13474266.jpga0109837_13482984.jpg









★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-10-31 21:02 | ロシア旅行社・フリーツアー | Comments(0)

サプサン号の旅

a0109837_1684964.jpgモスクワとサンクトペテルブルクを約4時間で結ぶロシア版新幹線のサプサン号は昼間の移動手段として定着してきました。日本の新幹線と異なり、専用軌道が準備されている訳ではなく、在来線上を走行するため、営業最高速度は時速130㎞ほど。日本の新幹線と比較すると少し遅い気がしますが、それでも従来の鉄道と比較すると利便性が格段にアップしています。昼間の移動の魅力は窓の外の景色が楽しめること。ロシアの冬の景色は雪に覆われた集落が点々とし、まるでおとぎ話のようです。というのもロシアはモスクワとサンクトペテルブルク以外は「大都市」と言えるものがそれほど多くなく、沿線の町はどれも小規模なものでゴタゴタしていないところが魅力です。冬のサプサン号の快適な旅を楽しんでみませんか?a0109837_168029.jpga0109837_1681354.jpg









★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-10-30 16:09 | ロシア旅行社・フリーツアー | Comments(0)

ロシアの冬の魅力 その2

ロシアの冬の魅力の続きです。
あたりまえのことではありますが、ロシアの気温が下がるにつれ、夏は観光客でにぎわった場所も人が少なくなってきます。当然、観光もしやすくなります。特に美術館や博物館は穴場中の穴場。夏は押し出されるように最短時間で博物館から出されてしまっても、冬はまず心配無しです。美術館は冬の間、じっくりと好きな絵に取り組むことができ、満足感は格別です。ロシアは寒い国だけあり、暖房は万全。日本の家屋はロシアほど暖房設備に心配りが無いため、ロシアから帰国して風邪を引く人がいるくらいです。また、夜が長いため、劇場のシーズンも本格化するため、いろいろな演目からお好みのものをご選択いただくことができます。夏はこの点、オフシーズンで全く期待外れということはあまり知られていない事実です。
 モスクワやサンクトペテルブルクのみならず、地方都市でも同じです。シベリア鉄道沿いの都市であるカザンを冬に訪れました。実はこの町、スポーツやレジャーの町でロシア中のみならずヨーロッパからも多数の観光客で夏は賑わう都市です。ホテルもヨーロッパ水準のものが多数あるのですが、冬はレジャーの中心のボルガ川も凍り、観光客はちらほらと、と言ったところです。この町はロシア連邦内の「タタールスタン共和国」として自治権を持っており、宗教もイスラム教と独自色を持った町です。街中にはモスクがあり、中央アジアのどこかの町と見間違う位のところです。冬はこのような独特な場所をじっくり見ることができ、町の雰囲気を十分味わえます。冬のロシア、是非訪れて下さい。a0109837_10111120.jpg









★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-10-29 10:12 | ロシア旅行社・フリーツアー | Comments(0)

郊外の観光ポイント

モスクワから90㎞のところにチャイコフスキーが晩年を過ごしたクリンという町があります。この町はチャイコフスキーの家博物館があることで有名で、観光客もこの博物館には沢山訪問をします。
残念なのは観光に訪れた人たちのほとんどが博物館だけを見学してモスクワに戻ってしまうことです。
 この町は博物館以外にも赤レンガの街並みが復元されており、中世ロシアの雰囲気を味わうことができます。ぐるっとこの赤レンガの街並みを散歩し、カフェでコーヒー、といったモスクワでは味わえないゆっくりとしたちょっとした贅沢を味わうことができます。モスクワの郊外もこのようなちょっとしたポイントがあり、新発見をすることができますよ。a0109837_1791350.jpg









★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-10-23 17:09 | ロシア旅行社・フリーツアー | Comments(0)

マイナス25度の世界

ロシアの冬の朝はピリッとしており、何となく散歩に行ったところすがすがしい感じがしました。それほど寒さを感じた訳ではないのですが手袋をはずしてカメラを構えた途端、シャッターを切る指先の感覚が無くなっているのに気が付きました。手袋を外して指の感覚が無いのに気がつくのにカップラーメンが出来上がる位の時間しか経っていません。近くの建物に偶然デジタル温度計の表示があったのですがマイナス25℃。防寒をしていればそれほど抵抗なく歩けるのですが、やっぱり寒いですね。このような気温での撮影ではもちろん、予備のバッテリーが必要です。カメラもコートの中で温めないとすぐに電池が無くなりますよ。
 ロシアならではの体験、これからの季節のロシアの楽しみです。a0109837_1349045.jpg









★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-10-17 13:49 | ロシア旅行社・フリーツアー | Comments(0)