モスクワの中心部に見知らぬ人との会話を禁じる新しい標識ができました。


モスクワのパトリアルシイ池にミハイル・ブルガーコフの小説「巨匠とマルガリータ」から引用した新しい標識が出来ました。
標識には小説からヴォランド、雄猫ボゲモットとコロヴョフが描かれています。標識の下には「見知らぬ人との会話を禁じる」と書かれています。
物語はこのパトリアルシイ池から始まります。また、この小説の第1章は「決して見知らぬ人とは話さないで下さい」と名づけられています。


a0109837_1818203.jpg






★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2012-06-21 18:17 | モスクワ | Comments(0)
<< グリンカ作曲 歌劇「ルスランと... シベリア鉄道の食堂車 >>