サンクトペテルブルグ・ヘルシンキ間の特別列車「アレグロ」が12月12日から運行予定

サンクトペテルブルグ・ヘルシンキ間の特別列車「アレグロ」が12月12日から運行予定

特急列車アレグロ「ALLEGRO」がサンクトペテルブルグからヘルシンキへ12月12日から定期運行します。

第1段階として時速220kmで1日に2回運行の予定、来年の夏には毎日4回運行の予定です。
サンクトペテルブルグからは6時40分と15時25分出発 (ヴィボルグは7時45分と16時30分)、ヘルシンキ到着が9時16分と18時1分にそれぞれ到着します。
折り返しが10時と15時、サンクトペテルブルグへの到着がそれぞれ14時36分と19時36分に到着(ヴィボルグが13時33分と18時33分)。運行時間は3時間36分。
現在運行している「レーピン号」と「シベリウス号」は、アレグロの運行にともないなくなります。停車駅は変わりません。ヴイボルグ、ヴァイニッカラ、コウヴォレ、ルフチ、チックリレとパシレに停車します。
ロシアにおける出国手続きは運行している車内で行われるようになります。
車両は先頭車両が1等、2等は続く5両、他にレストラン車が付きます。1等は48席、2等は296席になります。
料金はレーピン号やシベリウス号の約1.5倍になる予定です。



★ロシア旅行社・ホームページへ→
★資料・パンフレッドの請求はこちらへ


★ヨーロッパのホテル・送迎・観光・ユーレイルパスはこちらで→
★お土産はこちらで→ 
★日ロ協会は日本とロシアの文化交流・学術交流・経済交流の促進をはかります。→

[PR]
by russia007 | 2010-09-08 16:24 | 航空機・鉄道・車 | Comments(0)
<< カリーニングラード市の775周... PFC CSKA モスクワ 2... >>